白駒池の凍結

全面凍結した白駒池(2021/1/14) 北八ヶ岳の白駒池では、冬には池が全面凍結しその上に雪が降り積もり、湖上を歩いて渡れるようになる。 白駒池は最大で8mの水深があり、底まで全て凍っているのかは不明であるが、相当厚い氷が張っているのだろう。一帯は標高2000m以上あり、冬は氷点下の日が続き、湖面は冷風にさらされる環境にある。 池の水は表面から凍りはじめることは直感的に理解で…

続きを読む

八ヶ岳の氷瀑

完全に氷結した滝(2月初旬) 八ヶ岳には名瀑と呼ばれるような大きな滝は少ないが、火山地形から生まれる数多くの滝がある。その滝は、冬には凍り見事な氷瀑を見ることができる。標高の高い滝は12月頃から凍りはじめ、アイスクライミングの対象となるものも多い。 夏にいは大した水量ではない滝が、冬には見事に発達した氷瀑を見せることもあれば、逆に水量の多い滝がよくも氷結するものだと感心させられる…

続きを読む

北八ヶ岳の樹氷

北八ヶ岳・雨池峠付近 樹氷といえば、巨大なモスターに成長する蔵王や八甲田山など東北の山が知られるが、八ヶ岳でも小規模ながら樹氷を見ることができる。 特に北八ヶ岳の坪庭周辺では、冬の気温の低い晴れた朝には美しい樹氷が期待できる。 樹氷とは、風で運搬されてきた雲粒などの過冷却水滴が木など付着して凍結したものである。 樹氷は、霧氷の一種で、樹氷の他、水蒸気の昇華によって生じ…

続きを読む