シナノコザクラ

シナノコザクラ(サクラソウ科) 石灰岩質の湿った岩場に生えるイワザクラの変種。 イワザクラが西日本に分布するのに対し、シナノコザクラは南アルプスに特産する。 似たような岩場に生えるクモイコザクラは、葉が深く裂けているのに対し、 シナノコザクラは葉の切れ込みが少なく、ほぼ円形であることで区別できる。 花はシナノコザクラの方がやや大きく、葉にしわが少ないように感じる。 環境省 絶滅危…

続きを読む

編笠山の原生林 コメツガ

編笠山の登山道より (2020/1/4) 山梨県の山を歩いていると時々、「やまなしの森林100選」という緑色の看板を見かけることがある。編笠山も観音平から登り、途中の押手川に「編笠山の原生林」というこの看板がある。 「やまなしの森林100選」は、山梨県が平成4年に、 ①林業上模範となる森林 ②景観等に優れ人々に親しまれている森林 ③学術上貴重な森林 の3つの分類で選…

続きを読む

ズミ

入笠山のズミ(バラ科リンゴ属) 別名コナシ、コリンゴ、ミツバカイドウなどと呼ばれる。 リンゴの仲間で、小さな赤い実をつける。 家の庭のズミが咲いた。 苗木を植えて4年目にしてはじめて咲いた。 蕾のときは濃い赤色をしているが、花開くと可憐な真っ白な花となる。 入笠山のズミの開花は、今年もそろそろだろうか。 家は標高1,000mほどなので、1,700mほどの入笠湿原では…

続きを読む